Modelado bonito(モデラード・ボニート)70☆43n's

ブログタイトルはスペイン語で美しい模型と言う意味です。早くブログタイトルに負けないように美しい模型作製をしたいです。追記:43みならいさんと2人の会

研ぎ出し&磨き作業その1

Posted by トマソン on   2 comments   0 trackback

今年もあっという間に10月になっちゃいましたね。
今月は資格試験があるのでそろそろ焦り始めました。なかなか仕事してからの勉強は身に入らないです。そんな時は気分転換に模型製作です。

模型製作ばかりして勉強してないような気もしますが…

前回は、ベネトンB186のウレタンクリアー1回目まで吹いてました。

今回は一気に2回目ウレタンクリアー吹きから、研ぎ出ししてハード1での磨き作業まで完了しました。
途中工程の写真を撮るの忘れるくらい一気に作業を進めました。
研ぎ出しとハード1磨きの比較です。



最近はハード1で徹底的に深い磨き傷を取り除くようにしてます。なのでハード1の使用量がメチャメチャ多くて減りが早いです。

ちょっとST27のデカールで、白のブラッシング部分が透けてしまいます。ギリギリまで白塗装して貼り付けましたが、よぉ~く見ると白でも色の違いが分かります。2枚重ね貼りなら大丈夫なんでしょうが、残念ながらスペアデカールの販売は無いそうなので諦めて進めました。

週末は天気も良さそうですが、受験生は部屋にこもって勉強と気分転換に模型製作に勤しみます。


本日は以上です。

スポンサーサイト

Comment

uhrbys says... ""
おぉー!良いツヤですね~。
確かにペーパー後の一番初めのコンパウンドは重要ですよね。
ここで傷を消しきっておかないとその後の工程では消せないですからね。
私もトマソンさんと同様3Mのハード1,2を愛用していますよ。

1/20は大きくて磨くのも大変でしょうが、がんばってください!
2015.10.03 10:58 | URL | #- [edit]
トマソン says... "uhrbysさんへ"
コメントありがとうございます。

いや〜1/20はデカくて磨くのが大変ですね〜。

uhrbysさんもご愛用のハード1は切削性が良いですよね。

917LH配線細かいですね〜。完成楽しみです。
2015.10.04 10:15 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://modeladobonito.blog.fc2.com/tb.php/625-cb82f985