Modelado bonito(モデラード・ボニート)70☆43n's

ブログタイトルはスペイン語で美しい模型と言う意味です。早くブログタイトルに負けないように美しい模型作製をしたいです。追記:43みならいさんと2人の会

コックピット改修

Posted by トマソン on   0 comments   0 trackback

今日はベネトンB190bの製作をしました。

まずは、ボディ塗装の前に剥離材を落とします。
中性洗剤でも落ちるらしいですが、ガイアカラーのレジンウォッシュを使用して落としました。
特別、ボディから剥離材が落ちたのは確認出来ませんでしたが、下地塗装の時に剥離材が残っていると弾かれますから、しつこくボディを洗浄しました。


レジンウォッシュが終わってから筋彫りを深くしてみました。

筋彫りはBMCタガネの0.15mmとZEROで彫り込みました。


筋彫りを掘ったら下地塗装前のレジン用のサーフェイサーを確認の為に吹きました。



サーフェイサーは確認用なので、スポンジヤスリのスーパーファインとウルトラファインでボディを均しました。

捨てサーフェイサーを吹くと細かいキズやら、ハッキリして無い箇所が浮き出て来ます。

今回は、コックピットの両脇の段差がイマイチハッキリして無かったので、0.3mmのプラ板を細切りにして分割線をハッキリさせてみました。



ボディ全体の細かいキズもパテ埋めして、次回から下地塗装に入ります。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://modeladobonito.blog.fc2.com/tb.php/401-9bc7a40a