Modelado bonito(モデラード・ボニート)70☆43n's

ブログタイトルはスペイン語で美しい模型と言う意味です。早くブログタイトルに負けないように美しい模型作製をしたいです。追記:43みならいさんと2人の会

東日本大震災から2年

Posted by トマソン on   6 comments   0 trackback

明日であの東日本大震災より丸2年経ちます。
今日辺りは各局で特番を朝から晩まで放送しています。
被災地で暮らしている自分ですが、あの惨劇を忘れない為にも、被災地の復興の進み具合や、今の現状を発信して行く事が役目かなと思っています。

自分は今は名取市閖上の防潮堤の造成に関わっています。
災害復旧工事が国、県、市町村でかなりの数で発注されています。
しかし、約半分が入札者が居なくて不調になっています。
原因は、震災前の建設業は国の予算縮小で倒産が相次ぎ建設会社が少なくなっていました。
何億円もの工事現場を仕切れる技術者や資格を持っている技術者が少なく入札出来ない状況だそうです。
さらに資材調達が追いつかないのも復興を遮る一つのようです。
特に生コン、舗装合材、土砂、砕石がまるっきり足りない状況です。ようやく国で生コン工場を建設するようですが、遅過ぎます。
資材に関しては、資材費用の高騰もあり赤字にならないような現場を選定して入札しているようです。

自分は建設業に関わっているので、その立場で今の現状を話してみました。

仕事場の閖上の今の現状です。







閖上港周辺は何も無い状態です。



この画像のところで仕事しています。
またこの様な津波が来たらと思うとゾッとしますが、避難経路の確認と高台の確認はいつもしています。

次は実家の話です。
自分の実家は昨年も話しましたが、石巻市渡波で津波で全壊になりました。



昨年解体して今は更地になっています。


被災者の方々は、震災後、2年くらい経つと仮設住宅から自分の家に戻りたくなるそうです。まだ防潮堤も復興住宅も着工したばかりであと2~3年掛かりそうです。

お金のある人は、また同じところ若しくは高い場所に家を建てています。

自分の母親も周りにみんな戻って来て少し焦っているようで、石巻市に戻りたいようです。
高齢者で家を建てたくても、まだ国からの支援が決まっていなくて困惑している人達も多いです。

今後、残された土地をどうやって行くのかが、これからの課題になっています。


今日は、一日早いのですが、津波で亡くなられた嫁さんの叔母さん家族の墓参りに石巻市に行ってきました。

途中寄り道で報道でもされている、大川小学校の慰霊碑に行って、亡くなられた方々のご冥福を御祈りしてまいりました。







この大川小学校は児童108名中死者70名行方不明者4名の大惨事になった場所です。
未だに避難時の対応で遺族と教育委員会が争っています。

実際行ってみるとまさか小学校を飲み込む程の津波が来るとは思いもよらなかったです。

今日は改めて被災地を巡って来て、まだまだ復興には程遠いようです。
被災地に暮らしている自分達でも震災の記憶が薄らいで来ています。
記憶は薄らいでも忘れなければ良いと思います。
あの震災後の絶望感とこれからどうやって生きていけば良いか不安な毎日を忘れないようにしなければなりません。

帰りに好物の牛タンを食べて帰ってきました。


当たり前に牛タンを食べれる様になって、震災の記憶も薄らいで来ていても、あの惨劇を忘れないで普通の生活出来ている事を幸せに感じて、また明日から復興に尽力したいと思います。

まだまだ仮設住宅でこれからの生活を不安に思っている方々が一日も早く安心して生活出来る様になる日を支援できればいいと思っています。

支援の仕方は人それぞれだと思います。被災地を思ってくれるだけでも、心に止めておいてくれるのも支援だと思います。
出来る時にやれる事を支援すれば良いのでは無いかと思います。
実際被災地に暮らす自分達ですら復興支援出来ているのかと思う事があります。

あの惨劇から二年経ちますが、これからさらに復興が進むように願っています。

東日本大震災で被害に遭われた方々の生活が少しでもよくなりますように、そして、亡くなられた方々のご冥福を御祈りいたします。

スポンサーサイト

Comment

「しゅんぱち」 says... ""
あれから2年。つい最近のようにも思えます。

海岸付近の現状は、いつ見ても哀しい風景ですね。

風化させないためにも、生存している我々は
伝え続けなければと感じます。

トマソンさんは、復興に直接携わった仕事をされている。
身体に気をつけて、頑張って下さい。

私は、そんな社会で頑張っている方々に対し
趣味の世界とはいえ、作品を製作することで
普段疲れている心身が、微力ながら癒されれば…そう思っています。

早い復興を願いつつ。

2013.03.10 21:20 | URL | #- [edit]
セナ君のパパ。 says... "はじめまして。"
はじめまして。
はじめてコメントさせて頂きますがいつも拝見させて頂いてます。

2年前のあの津波の映像を見て声を失ったのを覚えてます。
自分の友人も福島で警察官をやってるんですがとても他人事とは思えません。

テレビで見る限りですが復興にまだまだ時間がかかると思いますがお体に気を付けてがんばってください。

2013.03.10 22:33 | URL | #- [edit]
トマソン says... "「しゅんぱち」さんへ"
コメントありがとうございます。

すっかりご無沙汰しておりました。

自分と「しゅんぱち」さんは同じ被災地で暮らしているので、今の現状は同じ気持ちで見ているんだろうなぁと思っていました。

あの惨劇からはや二年経ちますね。
震災直後にはまた模型製作が出来るとは思いませんでしたが、「しゅんぱち」さんのトヨタTF105の製作でどれだけ勇気付けられたか分かりません。

模型製作での復興支援これからも頑張って下さい。
自分も仕事以外の模型製作で出来る事はお手伝いしたいと思います。

まだまだ模型製作すら出来ない生活をしている人達にも勇気を与えて行きたいですね。

RB6の締め切りに間に合いそうですね。早く大改修したRB6を拝見したいです。実物見れるの楽しみにしています。

自分のRB8はちょびっと停滞中です。

2013.03.10 23:34 | URL | #- [edit]
トマソン says... "セナ君のパパさんへ"
コメントありがとうございます。

こちらこそいつも拝見させていただいてました。
これからもよろしくお願いします。

友人が福島に居るそうですね。
他人事と思えない気持ち良く分かります。
なかなか遠方の方々は支援出来ないもどかしさがある様です。

まだまだ復興はこれからですが、頑張って行きたいと思います。
お気遣いありがとうございました。
2013.03.10 23:52 | URL | #- [edit]
エヌエフ says... ""
おはようございます。
トマソンさんからの震災記事を拝見拝読するたびに、そのリアルさにあらためて胸が痛みます。
神は人間に対して、乗り越えられない試練は与えないと言いますが、それにしてもこの試練だけは大き過ぎるような気がしてなりません。
震災の爪あとはこの後何年も容易に消し去ることはできないのでしょうが、三陸地方全体が震災のモニュメントと化してしまうのが悲しくもあります。
トマソンさんらの復興事業現場でのご尽力には大変頭が下がる思いですが、いかんせん国家行政の体たらくにより、その進捗に大きな障害が出ているのは間違いないところでしょう。国がこの震災を国難とまで歌い上げながら、その国策がさらにそれを深めているような気がしてなりません。
私のような被災地とは無関係の場所に住む者が、安易な応援メッセージをお贈りするのはいつも気が引けます。でもこうしてトマソンさんとはブログ交流している中で、その気持ちを僅かながらでもご理解頂けるものと信じて、あらためて応援のコメントとさせて頂きました。
2013.03.11 06:53 | URL | #- [edit]
トマソン says... "エヌエフさんへ"
いつも被災地を気にかけていただきありがとうございます。

今、被災地は乗り越えなければならない大きな試練にぶち当たっています。

自分は、被災地は必ず復興すると思って復興支援に関わって仕事をしています。

なかなか国策での復興のスピードが上がらなくもどかしさがあります。
国側で仕事をしているので、あまり批判は出来ませんが、これからのさらなる復興支援を期待しています。

エヌエフさんの様に、被災地と関係無い場所で暮らしていても、被災者の心の痛みを分かってくださる気持ち、応援メッセージがとても嬉しいです。

自分は被災地の現状をこれからも発信して行きますので、復興の歩みを見つめていて欲しいと思います。

応援メッセージありがとうございました。
2013.03.11 21:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://modeladobonito.blog.fc2.com/tb.php/377-720ebebd