Modelado bonito(モデラード・ボニート)70☆43n's

ブログタイトルはスペイン語で美しい模型と言う意味です。早くブログタイトルに負けないように美しい模型作製をしたいです。追記:43みならいさんと2人の会

組み立てその1

Posted by トマソン on   0 comments   0 trackback

今日からまたフェラーリ150°イタリアの方を弄ります。だいたい塗装と磨きが終わったので、組み立て前のパーツ確認です。

パーツ並べたら、組み立て前にやらなきゃならないパーツ裏側の黒塗りやボディー裏側の黒塗りを忘れてました。フロントウイング翼端板?の塗り分けが面倒そうで、更に複雑な塗り分けなので、曲面追従艶消しシートでマスキングしてみました。


裏側に黒塗りしました。エナメルの艶消しブラックで後からはみ出た箇所は拭き取れるようにしました。要ははみ出なきゃ良いんですがね~。

組み立て開始は明日以降からになります。あまり今日も進みませんでした。

そういえば、昨日で今年のF1は最終戦でした。今年のベッテルのぶっちぎりの速さには脱帽でしたが、KERSとDRSのおかげでオーバーテイクが増えてレースは面白く観戦しました。最新のF1マシンのテクノロジーは進化し過ぎてここ最近はついて行けてないですが、今年のマシンのあれこれが解りやすい雑誌がF1速報plusです。この本には今年のマシンのテクノロジーを解説付きで載ってて結構読み応えありました。日本人がルノーの副テクニカルディレクターが居たとは始めて知りました。相変わらず森脇基恭さんの説明は親切で解りやすいです。
今年の可夢偉は素晴らしい成績で終わりました。まぁチームの力の差でなかなか上位チームにはかなわなかったけど、久々に可夢偉のドライブでドキドキしました。特にモナコGPの走りが凄かったのと、日本GPの予選最終アタックの130RをDRS全開で駆け抜けた時は、鳥肌が立ちました。来年は是非とも可夢偉には表彰台に昇って欲しいんですが、ザウバー残留が裏目に出なきゃ良いんですがね…チームメイトのペレスも速くなって来たから可夢偉もうかうかしてられないでしょう。とにかく来年3月まで新車の発表やらドライバー発表を楽しみに待ちましょう!

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://modeladobonito.blog.fc2.com/tb.php/101-fe807968